やなぎおか歯科医院:歯科用レーザーの適応症例のご案内

歯科用レーザーによる治療は、従来の治療による音や振動からくる不安感や恐怖感、疼痛が少なく、ストレスなく治療を受けていただけます。やなぎおか歯科医院では、従来の治療に比べ治りが早く、痛みが少ない炭酸ガスレーザー(オペレーザーpro)とエルビウムヤグレーザー(アーウィン・アドベール)を患者様の治療内容によって使い分けて治療しております。

歯科用レーザー:オペレーザーpro
歯科用レーザー:アーウィン・アドベール

レーザー治療について

レーザー治療は医療各分野でも使用され、人体に対する安全性は十分に確立されており、高血圧、心臓疾患や内科的疾患の持病がある方や妊婦さんも安全に治療を受けていただけます。やなぎおか歯科医院では、虫歯治療の他に歯周病、口内炎、知覚過敏や歯ぐきの黒ずみの解消にも歯科用レーザーを使用しております。

※虫歯症状によってはレーザーが使用できない場合もございます。詳しくは、治療の際にご質問ください。

歯周病治療

レーザーには殺菌効果があり、歯ブラシの届かない所にもレーザーを照射し、虫歯の原因となる虫歯菌や歯周病菌もやっつけます。
歯周病には、歯と歯ぐきのミゾにレーザーをあて、歯周病の原因となっている細菌が急激に減らすことで、歯ぐきにたまった膿が自然に出て出血や痛みを抑え、治りを早くします。

口内炎・口角炎治療

お口の中や唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザー治療ですぐに和らぎ、治りも早くなります。また、入れ歯の接触によりできる潰瘍にも効果があります。

知覚過敏治療

水を飲んだり、歯ブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?
これは、象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)がひらいて神経が刺激されることから起こります。こんな時もレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができ、歯の神経につながる孔をふさぎ、歯の神経を保護することができますので、痛みや歯がしみることを防ぐことができます。

歯ぐきの治療

歯ぐきの黒ずみに悩んでいませんか?
歯ぐきの黒ずみはメラミンという色素により黒くなっています。歯科用レーザーはこの黒ずみを極めて短時間で除去します。レーザーの照射から数時間後にはもとのきれいなピンク色の歯ぐきに生まれ変わります。

Suppoted by DIGITAL Lamp