やなぎおか歯科医院

歯を守るためには、予防が一番です。風邪が引きやすい人がいるように、虫歯や歯周病になりやすい人、なりにくい人がいます。
虫歯は、遺伝、生活習慣、食生活、病原菌の種類と数、唾液の抵抗力によって決まります。やなぎおか歯科医院では、患者様にあった予防法と生活習慣の提言をさせていただいております。

やなぎおか歯科:予防歯科のご案内

虫歯や歯周病の予防は歯磨きだけでは不十分です。
やなぎおか歯科医院では、フィシャーシーラント、フッ素塗布、P.M.T.Cなど患者様個々にあった予防法をご案内しております。

フィシャーシーラント(予防填塞)

奥歯には、深い溝があるため、歯垢を完全に除去しないと虫歯になりやすくなります。フィシャーシーラント(予防填塞)は、親不知などの萌出途中の歯や奥歯の溝などの歯垢の溜まりやすい箇所を虫歯になりそうな歯の溝を埋めてしまう治療です。

特に奥歯の永久歯(六歳臼歯)は、歯垢が溜まりやすく虫歯になりやすいため、虫歯予防に有効です。シーラントで虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。日常の歯ブラシをきちんとして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受けていただき、虫歯になりにくい歯を維持して頂くことが大切です。

フッ素塗布

萌出して間もない歯は、歯質が未熟なために虫歯になりやすいため、フッ素を塗布する歯質の強化(耐酸性の向上)して、虫歯になりにくくします。特に生えたての歯が効果あります。

P.M.T.C : プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーング

歯科衛生士が、日常の歯ブラシはとれない汚れを1本1本徹底的に除去していきます。多少の振動や磨かれる感じはありますが、痛みはほとんどありません。定期的なクリーニングと日常の歯ブラシで虫歯のなりにくい歯を維持します。

Suppoted by DIGITAL Lamp